グラビアアイドル最前線

グラビアアイドル最前線
グラビアアイドル・人気アイドルの最新情報をご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
この記事へのコメント
チアリーディングポータル
チアリーディングの検索サイト。関東大会、動画、グッズ、高校、掲示板などチアリーディングに関する各種情報をお届けしています。 http://wallflower.hartmerrell.com/
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://tanini.blog56.fc2.com/tb.php/580-c0c4a6ba
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

人気上昇「U-19世代」の地味な過去

女の子なら憧れる「ツン!と上向き」魅力あるプリンセスバストプリンセスボム お買い得2個組【...
 初主演映画「恋するマドリ」が18日、封切りとなったガッキーこと新垣結衣(19)。彼女を筆頭に、NHK朝ドラの次期ヒロインに決まった榮倉奈々(19)や黒木メイサ(19)といった「U―19世代」が映画やドラマに引っ張りダコだ。
 彼女たちは、1988年生まれのギリギリ昭和世代。極力肌の露出を控え、コツコツ経験を積んできた点が共通項だ。デビューから頭角を現すまで、ティーン誌のモデルや舞台、ドラマのチョイ役など地味な仕事をこなしてきた。なぜ、メジャーでの開花が遅れたのか。アイドル評論家の堀越日出男氏はこう言う。
「アイドルの登竜門とされるグラビア界は今や頭打ちの状態です。ほしのあき、小池栄子、MEGUMIといったアドリブ達者が、バラエティーで幅を利かせ、新人のツケ入る余地がない。そこでグラドルではなく、本格派女優として売り出す道を選んだのではないでしょうか」
 おまけに彼女たちは、お世辞にもグラマーとは言い難い。演技派女優として売り出した方が得策だったわけか。
「莫大な費用を嫌い、テレビ局も芸能プロも大々的なオーディションを開かなくなっています。最近は街角でスカウトした子を地道に育てる傾向が強まっているのです」(堀越日出男氏=前出)
 いきなりスターの座を射止める“シンデレラガール”が現れにくい時代になっている。
(引用 yahooニュース)




◆アイドル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト
この記事へのコメント
チアリーディングポータル
チアリーディングの検索サイト。関東大会、動画、グッズ、高校、掲示板などチアリーディングに関する各種情報をお届けしています。 http://wallflower.hartmerrell.com/
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://tanini.blog56.fc2.com/tb.php/580-c0c4a6ba
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
カテゴリー
ランキング・サイト
最近の記事
月別アーカイブ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム